web予約

TEL

精密治療

ブログ

2歳半以上の子供の虫歯予防について①

2歳半以上の子供の虫歯予防について①

 

虫歯は、お口の中にいる虫歯菌が砂糖を体に取り込み、酸を出します。
この酸が歯を溶かすことで、虫歯になります。

分解すると、【虫歯菌】【砂糖】【歯の質】(+時間)によって虫歯が成り立つのです。

たとえば、虫歯菌がぜんぜんいなければいくら甘いものを食べても歯みがきしなくても虫歯にはなりません。

下記の三つにアプローチする事が虫歯予防の基礎となるのです。

【歯の質】→ 歯が酸で溶けにくい硬い歯にする。
【砂糖】     → おやつ(砂糖)の食べ方や虫歯になりやすいお菓子

                                         てもらう。
【虫歯菌】→ 虫歯菌を減らす方法を取り入れる。 


【① 歯の質】

歯の質を変化させて、虫歯菌の酸で溶けにくい歯にするには、フッ素が重要です。
また、実際に歯科医院や歯磨き粉でフッ素を使っていると言う人もいると思います。

しかし、本当に効果のあるフッ素の使用方法を実践している人はすごく少ないのです。

実際フッ素をした事で、どのくらい効果があるのでしょうか?

 

乳歯にフッ素の塗布を行うと、3070%のむし歯予防効果が得られます

フッ素のうがい4歳からの開始がすすめられていますが、大人の歯のむし歯を半分以下に予防していけるのです。

4,5歳から始めた場合40~80%の高い予防効果が確認されています。

生え換わりが多くなる6歳から12歳までは、特に重要なのです。

 

効果性の高いフッ素の使用方法

 実際に効率的なフッ素の使用方法はどのようなやり方なのでしょうか?

それは、【高濃度フッ素】と【低濃度フッ素】の併用です。

高濃度フッ素は歯科医院で3カ月に一回、年4回塗布

そして低濃度フッ素は毎日家庭で行います。

最も効果が高いのは、低濃度フッ素のうがいをすることです

実際、むし歯を減らすためにフッ素のうがいを学校で集団的に行っているところが年々増えているのです。

 

  ≪0~2歳≫
・むし歯になりやすい歯‥上の前歯
・おすすめのフッ素‥≪フッ素のスプレー=レノビーゴ又はジェル≫

  ≪23歳≫
・むし歯になりやすい歯‥奥歯の咬みあわせの溝
・おすすめのフッ素‥≪泡状の歯磨き剤=Check-Up foam又はフッ素ジェル≫

  ≪34歳≫
・むし歯になりやすい歯‥奥歯の咬みあわせの溝、歯と歯の間
・おすすめのフッ素‥≪歯磨き粉とフッ素ジェルの併用≫

  ≪4歳~小学生、中学生≫
・むし歯になりやすい歯‥特に6歳から12歳は生え換わりの時期なので、新たに生えてくる大人の歯に注意!!
*生えたての歯は特にむし歯になりやすいのです。
・おすすめのフッ素‥≪フッ素のうがい薬 又は フッ素ジェルと歯磨き粉≫

 

次回は② 砂糖への予防アプローチになります(^^)