web予約

TEL

精密治療

診療の流れ

初めて来院される方へ

その場しのぎの治療は、一時的に見たら良くなっているように見えます。しかしそれで本当に良いのでしょうか?
歯は一度削ると、もう二度と元通りには戻りません。そのため、簡単に歯を削るのではなく処置前には必ず診査診断を行います。

当院では口腔内全体をしっかりと把握し、そのうえでそれぞれの患者さんに合わせた治療計画を立案し、同意のもと治療を行っています。
その場しのぎではなく、根本から原因を解決し本気で患者さんを健康にしたいという想いからです。

ですから、症状によっては、「今すぐ治療を始めて欲しい」「通院回数を少なくしたい」などのご要望に添えない場合がございます。

あくわデンタルクリニックは、皆さんの将来を見据えた診療を目指しています。治療計画についてご不明点があればお気軽にご相談ください。しっかりと納得頂けるようご説明させて頂きます。

患者さんのご協力が不可欠な治療スタイルではございますが、ご理解頂けると幸いです。

初診から治療・メンテナンスまでの流れ

1.受付

ご来院いただきましたら、まずは受付にお越しください。説明資料をご確認頂きます。
また、受付が完了されましたら問診票の記入と、血圧計で測定していただきます。こちらは万が一の事態の備えて皆さんにお願いしています。

2.問診

専門のスタッフが、来院者の方と、書いていただいた資料を基にお悩み等詳しくお伺いたします。当院は「歯を守っていきたい」「なるべく削りたくない」という思いが強くあります。そのためには、まずは患者さんがご自身の状態を知っていただく事が重要と考えてお話ししています。唾液検査も、今後治療相談をしていく上で、虫歯を経過観察できるかどうかの大事な指標にもなるため、ほとんどの皆様に受けて頂いております。 歯をただ虫歯だからと言ってすぐに削ることは致しません。歯は唯一体の中で再生出来ない器官です。削ったら最後、元には戻りません。その為、なるべく削らずに過ごせるように日々のお手入れの仕方や、3カ月毎のメンテナンスをお伝えしております。

3.検査

正確な診断を行うため、各種検査を行います。(歯の検査・歯肉の検査、モニターにて口腔内の説明、口の中の写真撮影(12枚)、口の中の細菌撮影、X線撮影、唾液検査の説明)

4.歯肉の治療・唾液検査

当院では、すぐには虫歯治療に行きません。なぜならば、汚い(掃除されていない)ところで精密な治療をしたとしても、汚いものが入ってしまうと思いませんか? そのため、まずはお口の中の環境を整えるところから始めていきます。 歯医者さんで綺麗にしてもらうのも大事ですが、それも一年に何回あるでしょうか?4回?10回?毎日歯を磨く回数は一年に最低720回(1日に2回として)あります。歯医者さんでいくら綺麗にしても、お家で歯磨きが出来ていなければ、すぐに汚れがたまってしまいます。

唾液検査

唾液検査を受けていただくことで、ご自身の虫歯になりやすさの原因がどこにあるのか、虫歯治療を積極的に行っていかないといけないのか、経過観察できるのか、等様々な事がわかります。また、唾液検査の結果により個人だけの予防プログラムを立てていきます。

5.治療相談

ドクターと担当衛生士と一緒になり、今後どのように治療していくのがいいのかを、お口の中を説明しながら話し合います。この際、唾液検査、歯周病検査の結果ももとにし話し合いをしていきます。自費治療のご説明も致します。専門スタッフに金額等のご相談も別途していただけます。

歯周病治療

6.歯周外科・虫歯の治療

歯周病が中程度以上の方の場合、外科的な処置を行わないと中にため込まれた汚れを取ることが出来なくなります。そのため、相談の上外科処置を行っていくかどうかを決めていきます。 治療の際、決して肉眼では行いません。肉眼で虫歯は全て見えません。そのため、各自拡大鏡を用い、細菌を染めて虫歯だけを取っていきます。自費治療になると、精度はさらに密になり、最も再発のリスクを抑える事が出来るようになります。

虫歯治療

7.矯正

矯正治療を行う場合、歯並びをここで初めて整えていくことができます。歯並びを改善し、虫歯になりにくい口元、笑顔になれる口元を作っていきます。

8.最終補綴物

いよいよかぶせ物になります。ここで、保険治療か自費治療かをもう一度確認いたします。 保険治療でも、お手入れを頑張っていただければ、再発を防ぐことはできます。 しかしながら、歯医者さんに従事しているスタッフ一同、皆、家族に保険治療を勧めたり、行うことはありません。保険の限界、自費治療の良さを実感しているからです。多くの方は迷われます。おおいに悩んでください。二度と再生しない、自分の体を切り刻むのですから、迷わない訳がないと思います。自費治療は利点だらけですが、値段がかかります。 なので、迷われているのであれば、下手に削らず、しっかりとお手入れをしていただき、 これ以上悪くならないよう、メインテナンスに通う事をお勧めいたします。

虫歯が治ったのに、なぜ治療は終わりじゃないの?

虫歯になった歯は、天然の歯に比べて弱くなっています。そのため、今まで以上に丁寧なケアが大切です。虫歯が再発すれば治療はさらに難しくなり、歯へのダメージはもちろん、治療期間や費用といった負担も増えてしまします。そうした負担を少なくするために、治療後は定期検診にご来院いただき、お口の状態を確認しながら必要に応じて予防処置を推奨しています。

予防歯科