手探りではない確かな治療を

できるかぎり削らない、健康な歯を残すために

できるかぎり削らない、健康な歯を残すために

戸塚区上矢部町の歯医者「あくわデンタルクリニック」では、できるかぎり歯を削らない治療を心がけています。その理由は、虫歯治療で削ってしまった歯質は二度と元には戻らないからです。虫歯を治療することはできます。しかし、治療した歯にはダメージが残り、確実にもろくなってしまうのです。こちらのページでは、歯を削る量を最小限に抑えるために行っている当院の取り組みについてご紹介します。

歯を削る必要があるか正確に判断します

痛みなどの症状があったとしても、歯を削る必要があるわけではありません。正確な診断をふまえて、本当に削る必要があるのかを見極めることが大切なのです。

歯の「痛み」は虫歯だけが原因ではありません

歯の「痛み」は虫歯だけが原因ではありません

「歯が痛い・歯がしみる=虫歯」というイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、虫歯が原因とはかぎりません。歯周病や知覚過敏、また歯ぎしりによって痛みやしみといった症状が出ることもあります。そのような場合は、歯を削っても症状が改善されることはありません。歯科治療では、症状の正しい原因を突き止めることが大切なのです。

初期の虫歯なら削らないという選択肢もあります

初期の虫歯なら削らないという選択肢もあります

虫歯になったら歯を削るものとお考えかもしれませんが、初期段階なら削らずに処置を行うこともできます。一度削ってしまえば詰め物などで機能は回復できても、本来の歯に比べればもろくなってしまいます。しかし、虫歯の正確な進行状態は目で見ただけでは判断できません。そこで当院では、「ダイアグノデント」や「カリエスディテクター」などで虫歯の状態を正確に診断し、削らなくても治癒できる場合に不要な治療を避けています。

虫歯が進行しないようにすることもできます

虫歯が進行しないようにすることもできます

歯と歯が接している部分、歯の根や顎の骨などの状態は隠れているため、目視で判断することができません。そして、このような場所にある虫歯を除去するには、健康な歯を大きく削り取る必要があるのです。しかし、歯を大きく削るということには当然リスクもあります。そのような場合は、初期の虫歯同様に進行を止める治療をご提案することがあります。当院ではレントゲン検査を行い、目視では確認できない部分まで正確に診断しています。その情報をもとに、患者さんとご相談したうえで治療方針を決定します。

削る必要がある場合は最小限にとどめます

もし虫歯で歯を削らなければならないとしても、できるだけ歯を削らないようにすべきだと当院では考えます。なぜならば、歯は一度でも削ってしまえば元に戻らないからです。20年や30年後の未来まで考え、以下のような取り組みを行って削る量を最小限に抑えるように心がけています。

「う蝕検知液(カリエスディテクター)」による虫歯の染め出し

う蝕検知液(カリエスディテクター

歯垢や歯石を染め出して歯の磨き残しを検査する「染め出し」のように、虫歯に冒された部分だけが染色される「う蝕検知液」を使い、削る場所を正確に特定しています。

小さな虫歯も残さないための「ダイアグノデント」

ダイアグノデント

レーザー光を使って虫歯の状態を検査する「ダイアグノデント」を使い、小さな虫歯まで見逃すことなく治療をします。歯と歯が接している部分、歯の内側にある虫歯まで正確に診断できるので、確実な処置や再発リスクの低減にもつながります。

健康な歯を削らないための「スプーンエキスカベーター」

スプーンエキスカベーター

虫歯を除去する際に切削用ドリルでは、先が鋭利なため健康な歯まで削ってしまうことがあります。そこで当院では、虫歯に冒されてもろくなった場所だけを確実に除去するため、先がスプーン状になった「スプーンエキスカベーター」を使い、健康な歯にダメージを与えないように細心の注意を払って虫歯治療を行っています。

肉眼ではなく「拡大鏡」を使用した拡大視野で行う治療

肉眼ではなく拡大視野で行う治療

拡大鏡を使うことで肉眼では見えなかったところまで、高倍率で確認しながら治療が進められるため、削る量を最小限に抑えることができます。的確な診断と正確な治療は、再治療を減らすことにも繋がりますので、生涯のお口の健康を考えても重要なポイントです。

歯周病の検査

当院では検査で歯周病が見つかった場合、虫歯治療の前に歯磨き指導やスケーリングなどの歯周病処置からはじめるようにしています。こちらでは、歯周病検査の内容について詳しくご説明します。

歯周ポケット検査

歯周ポケット検査

歯と歯肉の間には小さな隙間があり、これを「歯周ポケット」と呼んでいます。この歯周ポケットは歯周病になると深くなっていきます。この深さを調べることで歯周病の進行状況をある程度把握することができます。

歯周ポケット検査ではプローブと呼ばれる細い棒を使い、計6ヵ所の歯周ポケットの深さを計測します。また、同時に出血や痛みがないかを調べ、歯周病の進行状況を調べていきます。

健康な状態 歯肉炎 歯周病
健康な状態 歯肉炎 歯周病
健康な状態では、歯周ポケットの深さは1~3mmほどです。 歯の表面に残った歯垢によって歯肉に炎症が起き、歯周ポケットが3~4mm程度まで深くなった状態を歯肉炎と呼びます。 歯垢が固まって歯石になり、歯を支えている顎の骨が溶け、歯周ポケットが5mm以上になると歯周病と呼びます。
歯の動揺度検査

歯の動揺度検査

歯周病に冒されると歯を支えている歯周組織や顎の骨が溶かされ、進行するにつれて歯がグラグラと動くようになります。この動く幅(動揺度)を調べることで、歯周病の進行状況を把握することができます。

歯の動揺度検査では、前歯の場合はピンセットで挟んで動かし、奥歯の場合はピンセットを閉じて噛み合わせ面に置いて動かします。その動く幅によって0~3度に進行度合いがわけられます。

レントゲン検査の被ばく量について

レントゲン検査の被ばく量について

患者さんの中にはレントゲン撮影による被ばく量を気にされる方がいらっしゃいます。撮影では放射線を利用しますが、その放射線量は普段の生活で受けるおよそ40~100分の1と極めて少なく、また被ばく量削減のために防護エプロンも使用しますのでご安心ください。

防護エプロンを使うことで、肺や胃、精巣や卵巣など、放射能の影響を受けやすい臓器への被ばく量をほぼゼロにすることができます。妊娠期間中でも心配ありませんが、もし心配なことがあればお気軽にご相談ください。

歯周病治療後のメンテナンスが歯を長持ちさせます。