その場しのぎの治療の危険性

虫歯治療を繰り返さないために

虫歯治療を繰り返さないために

虫歯治療は、悪い部分を削って詰めるだけの簡単な治療とお考えの患者さまもいらっしゃいます。しかし、少しでも虫歯菌が残っているとすぐに再発してしまう可能性があるのです。そうして再発を繰り返せば健康な歯がどんどん削られていき、治療も難しくなっていくため、最終的には抜歯につながってしまいます。そうした負の連鎖を断ち切るうえで大切なのが、「最初に確実な治療を行う」ということなのです。

戸塚区上矢部町の歯医者「あくわデンタルクリニック」では、再発のない確実な治療を実践しています。こちらでは、その場しのぎの治療の危険性についてお伝えしています。

「2次的虫歯」をなくすために

「2次的虫歯」をなくすために

2次的虫歯とは、以前に治療した場所に再びできる虫歯のことです。治療後のケア不足や生活習慣などが原因として挙げられますが、最初に行った治療の詰め物・被せ物の精度、また虫歯の除去が不十分だったことなどが原因になることもあります。

虫歯治療では歯を削り、その部分を補うために詰め物・被せ物を取り付けます。その精度が低いと隙間から虫歯菌が侵入し、虫歯が再発してしまう危険性があるのです。また、詰め物や被せ物の中に虫歯が残っていても、同様に再発する可能性があります。

「2次的虫歯」をなくすために

詰め物・被せ物の精度による2次的虫歯は普段のケアだけでは防ぐことができません。2次的虫歯にならないためには、最初の治療で確実に虫歯を除去すること、そして詰め物・被せ物の高い精度が求められるのです。当院では信頼性の高い歯科技工所と連携し、また国産の歯科材料を中心に使用しながら、再発リスクのない確実な治療を実践しています。

その場しのぎの治療が招く負のスパイラル

  • その場しのぎの治療が招く負のスパイラル
  • その場しのぎの治療が招く負のスパイラル
  • その場しのぎの治療が招く負のスパイラル
  • その場しのぎの治療が招く負のスパイラル
  • その場しのぎの治療が招く負のスパイラル

虫歯はとても再発リスクの高い病気です。最初は少し削って小さな詰め物だけで治っていたものが、再発するたびに削る量が増えて詰め物が大きくなり、被せ物が必要になり、やがて歯を失ってしまう可能性があります。さらに虫歯は細菌による感染症なので、1本でもあればまわりの歯に感染が広がるリスクがあることを意味しています。

歯を失わないために大切なのが「予防」です。虫歯は再発のリスクが高い病気ですが、その確率を高めている要因に予防意識の低さが挙げられます。日本では「虫歯は簡単に治せる病気」というイメージがありますが、海外では「治す必要がない状態にしておく」ことが一般的。虫歯にならなければ、再治療を繰り返す心配もありません。

歯はなるべく虫歯になる前に予防しましょう

歯はなるべく虫歯になる前に予防しましょう

正しい歯磨きやデンタルフロスによるセルフケア、また定期的に歯科医院での検診を受け、歯科衛生士のクリーニングを受けることで、虫歯や歯周病は防ぐことができます。

虫歯になってしまったら治療のために時間もお金もかかります。さらに失った歯に近い噛み心地、見た目を手に入れようと思えばインプラントなどの自費診療を受ける必要もあります。しかし、そこまでしても天然の歯と同じ物は手に入らないのです。

予防であれば少ない金額負担で歯の健康を守ることができますし、治療のように時間的・身体的な負担もかかりません。また、定期的に歯科医院で検診を受けることで、もし虫歯になったとしても簡単に治すことができます。当院では、少しでも皆さまの健康な口腔内環境を維持していただくため、予防の大切さをお伝えしています。

毎日のケアから歯を守りましょう「予防歯科」についてはこちら